ENJOYENJOY

楽しむENJOYENJOY

「グンゼスポーツで働いているのはどんな人?」を知っていただくために、スタッフ(社員)を対象としたアンケートを実施。ちょっと変わった構成が見えてきたかも!?

グンゼスポーツってどんな会社?

  • 年齢別構成

    年齢別構成年齢別構成
  • 男女比

    男女比男女比
  • 新卒とキャリアの割合

    新卒とキャリアの割合新卒とキャリアの割合

20−30代が中心だけど、40代以上も3割近く。女性スタッフもどんどん増えており、アルバイトスタッフを含めると、6割が女性です。また、社内登用制度があり、アルバイトから社員になったスタッフも多数。

(2018年10月1日現在)

  • キャリア入社スタッフの入社前のお仕事は?

    キャリア入社スタッフの入社前のお仕事は?キャリア入社スタッフの入社前のお仕事は?

    スポーツクラブ出身の経験者(社内登用含む)が約半数ですが、未経験の人もほぼ同数。販売や飲食などのサービス業だけでなく、営業・エンジニア・ドライバー・中には作曲家や番組制作スタッフなんて経歴の人も!

  • グンゼスポーツのどこが好き?

    グンゼスポーツのどこが好き?グンゼスポーツのどこが好き?

    社歴に関わらず自由に発言できたり、自身のアイデアが採用されるなど、「やりたいことが形にできる」環境が1位に。また、違う店舗のスタッフや上司との距離の近さから、「風通しの良さ」を感じているスタッフも多いようです。

スポーツへの関心は?

  • 好きなスポーツ

    好きなスポーツ好きなスポーツ
  • 東京オリンピックで見たい競技

    東京オリンピックで見たい競技東京オリンピックで見たい競技
  • 挑戦したいスポーツ

    挑戦したいスポーツ挑戦したいスポーツ

順位こそ違うものの、好きなスポーツとオリンピックで見たい競技が、ほぼ同じという結果に。クラブでも指導する「水泳」は注目度が高いですね。挑戦したいスポーツに関してはボルダリングが圧倒的ですが、少数派でセパタクローやペタンクなんて回答も。

  • ランチはお弁当派?

    ランチはお弁当派?ランチはお弁当派?

    お弁当派と外食派の割合はほぼ同数。お弁当派の人でも、たまに同僚とランチタイムを楽しんでいるようです。

  • 健康のために心がけていることは?

    健康のために心がけていることは?健康のために心がけていることは?

    さすがスポーツクラブスタッフ。健康への意識は高いですね。会社の福利厚生でクラブが使い放題なので、空き時間を見つけては、トレーニングに励んでいるようです。

楽しむ楽しむ
  • 楽しむ

    京都八幡店安良田恭平

  • 楽しむ

    枚方店岡本麻悠

  • 楽しむ

    京都八幡店稲葉孝則

  • 楽しむ

    吹田ミリカ店大倉理紗子

この仕事に就こうと思った
きっかけは?

楽しむ楽しむ

安良田:元々、プロサッカー選手を目指して社会人チームに所属しながら、アルバイトとしてグンゼスポーツ(以下GS)で働いていました。結局、プロになることはできませんでしたが、サッカーを通して得たスポーツの喜びを伝えたいと思い、当社の社員登用試験を受けました。

稲葉:私は学生時代に、プロバスケットボールチームのジュニアスクールでコーチを経験したのがきっかけですね。そこで、子供たちの成長する姿を目の当たりにしたことで「指導する喜び」を感じ、将来コーチになりたいと考えるようになりました。ただ、コーチを目指すには自分自身まだまだ足りないものも多く、成長できる場所が必要だと感じ、スポーツ関連の職種で就職活動をしていたところ、GSに出会いました。

大倉:私もずっと陸上競技をしてきたから、身体を動かす仕事に就きたかったんです。でも、ただ身体を動かしたいというよりは、誰かの人生を変えるような仕事に就きたくて。自分の大好きなスポーツを通して、誰かの人生を変える仕事って素敵だと思ってスポーツクラブのトレーナーを考えるようになりました。

岡本:私は、小学生の頃からバトントワリングやダンスに夢中で、将来はその経験を活かせる仕事に就きたいと漠然と考えていました。いざ就職活動のタイミングになって、自分の身体を使った仕事を探したところ、スポーツクラブが気になるようになって。

安良田:スポーツクラブのどこが気になったの?

岡本:実は昔からスポーツクラブに通っている女の子に憧れがあって。仕事帰りにクラブに行く女性ってかっこいいじゃないですか!私もそんな生活がしたいなって。

大倉:ガチガチに鍛えたいっていう方よりは、少し身体のラインを細くしたい方が多い印象ですね。

稲葉:そういえば、一ヶ月で5キロ以上も痩せた女性の会員様がいました!

大倉:それはすごい!ウエイト(トレーニング)と食事管理ですか?

稲葉:そうですね。私は、トレーニングを中心にサポートさせてもらい、食事管理はポイントポイントでアドバイスさせてもらいました。
トレーニングを効果的に出来ている方って1割〜2割。同じ腹筋でも少しやり方を変えるだけで効果抜群なので、そこをしっかりお伝えして、効果を感じながら楽しく続けていただけました。

GSの会員様って、
どんな方が多い?

楽しむ

GSの会員様って、
どんな方が多い?

楽しむ

大倉:ガチガチに鍛えたいっていう方よりは、少し身体のラインを細くしたい方が多い印象ですね。

稲葉:そういえば、一ヶ月で5キロ以上も痩せた女性の会員様がいました!

大倉:それはすごい!ウエイト(トレーニング)と食事管理ですか?

稲葉:そうですね。私は、トレーニングを中心にサポートさせてもらい、食事管理はポイントポイントでアドバイスさせてもらいました。
トレーニングを効果的に出来ている方って1割〜2割。同じ腹筋でも少しやり方を変えるだけで効果抜群なので、そこをしっかりお伝えして、効果を感じながら楽しく続けていただけました。

GSで働く魅力は?

楽しむ楽しむ

安良田:成長できる環境がありますね。私自身、支配人をはじめ様々な先輩方が指導をしてくれたり、道を示してくれたので今の自分があると感じています。
稲葉くんも、いい先輩に巡りあえて良かったよな?

稲葉:仕事はもちろん、休みがあえばご飯を食べに行ったり、飲みに行ったり。
もうほんと、安良田さんはお兄ちゃんって感じです(笑)

岡本:私は最初、会員様を盛り上げながらレッスンをすることが苦手でしたが、様々な先輩のレッスンに参加して、アドバイスの方法などを勉強させてもらうことで、お客様を褒める言葉やモチベーションの上がる言葉を身に付けることができました。

安良田:どうやって褒めるの?

岡本:「めっちゃいい感じ!」とか「ベリーキュート!」とか(笑)。お客様が喜んで、楽しくできるような言葉をかけるようにしています。

大倉:そういうのって、最初は恥ずかしかったよね。

岡本:そうなんです! でも、普通にレッスンをやっていても、会員様も全力を出せない。私が恥ずかしがらずに頑張って盛り上げることで、会員様が全力になれる雰囲気を作りたいと思ったら自然とできるようになってきました。

大倉:お客様の入会当初のお顔や体型が、みるみるうちに変わっていくのを目の当たりにすると、とてもやりがいを感じます。特に自分のレッスンを通して「身体のラインが変わった」「筋肉量が増えた」と喜んでいただくと、改めてこの仕事を選んでよかったなって思います。

岡本:レッスン後にお客様から直接感想を聞けることも嬉しいですが、今はプロショップも担当しているので、催事を企画したり、お客様に役立つアイテムの仕入れを考えたりすることにも、最近はやりがいを感じています。

稲葉:私みたいに2年目のスタッフであっても意見が言いやすく、色々と挑戦をさせてもらえるのが嬉しいですね。様々なことにトライしながら、自分なりのスタイルをつくっていけるのがやりがいになっています。

安良田:私はスイミングスクールを担当しているので、子供たちと接することが多いのですが、子供は特に上達が目に見えてわかるので、その喜びを子供や保護者の方と共有できることがやりがいです。
テストに合格した時の子供の喜びを見ていると、こちらも嬉しくなりますし、逆に落ちて大泣きしている子供を見ると、指導者として反省することもしばしば。自分自身、もっとスキルを磨いてたくさんの笑顔を作っていきたいですね。

(取材日:2018年9月30日)

この仕事のやりがいは?

楽しむ

この仕事のやりがいは?

楽しむ

大倉:お客様の入会当初のお顔や体型が、みるみるうちに変わっていくのを目の当たりにすると、とてもやりがいを感じます。特に自分のレッスンを通して「身体のラインが変わった」「筋肉量が増えた」と喜んでいただくと、改めてこの仕事を選んでよかったなって思います。

岡本:レッスン後にお客様から直接感想を聞けることも嬉しいですが、今はプロショップも担当しているので、催事を企画したり、お客様に役立つアイテムの仕入れを考えたりすることにも、最近はやりがいを感じています。

稲葉:私みたいに2年目のスタッフであっても意見が言いやすく、色々と挑戦をさせてもらえるのが嬉しいですね。様々なことにトライしながら、自分なりのスタイルをつくっていけるのがやりがいになっています。

安良田:私はスイミングスクールを担当しているので、子供たちと接することが多いのですが、子供は特に上達が目に見えてわかるので、その喜びを子供や保護者の方と共有できることがやりがいです。
テストに合格した時の子供の喜びを見ていると、こちらも嬉しくなりますし、逆に落ちて大泣きしている子供を見ると、指導者として反省することもしばしば。自分自身、もっとスキルを磨いてたくさんの笑顔を作っていきたいですね。

(取材日:2018年9月30日)

  • 楽しむ

ENTRY

【重要なお知らせ】
メールサーバーの不具合により、エントリー情報が届かないケースが発生しています。現在原因調査を行っておりますが、エントリー後に当社からの連絡が無い方がおられましたら、お手数ですが再度エントリーくださいますよう、お願い致します。